LINE UP
CONTENTS

手縫いにこだわる
HANDSEWN

徹底的にこだわった本物のランドセル。MOGIは、決して妥協しません。

モギでは、「ちり」と呼ばれる背板と本体を接合するヘリを熟練の職人が一つ一つ手縫いで縫っています。ミシンですと、1時間に20本くらい縫えますが、手縫いではわずか2〜3本しか縫えません。
一針一針丹念に職人が縫い上げる、糸の締まり具合の違い。これが手縫いの最大の強みです。よりしっかり縫いたい部分には、より強く縫い締めることができます。長年培ってきた勘が生きていて、これはミシンでは置き換えられない技術です。モギは効率や大量生産を求めるのではなく、あくまでも「品質」を求め続けています。

二本縫い針を使って、一針一針丁寧に縫っていきます。ランドセルの手縫いシーンを納めた動画がご覧いただけます。

素材にこだわる
FABRIC

「革はどこのものですか?」そんなご質問をいただくことがあります。

詳しくは企業秘密なのでご容赦いただきたいのですが、コードバン(馬の尻革)は、ヨーロッパから。牛革は、北米もしくはオーストラリアから輸入されています。「原皮」と呼ばれる状態で日本へ入って来て、それを日本のタンナー(皮革メーカー)が鞣し、染色、加工を施しています。
近年は、中国が経済発展を遂げ世界中の革(原皮)を買いあさっていると聞きます。その影響からか、なかなか日本へ良い品質の革が、潤沢に入りにくくなっているようです。そのため、ランドセルメーカー各社は、数を量産するためにクラリーノなどの人工皮革にシフトしてきました。革のランドセルを造るメーカーが少ないのはそうした理由が大きいと思われます。しかし、モギは元々零細企業なので、“量より質”、つまり、革にできるだけこだわりを持っています。

コードバン
コードバン

皮革の王様

馬の尻部の革で、繊維が緻密で皮革の王様とも呼ばれる最高級の皮革です。

牛革
牛革

スムースとボルサの2種類からお選びください。

牛革は、他ではあまり見られない表面がすべすべした「スムース」(写真左)と、一般的に多く使われている表面に凹凸のある(ザラザラした感じの)「ボルサ」(写真右)を使用しています。
それぞれ表面の表情が異なりますが、どちらも加工の仕方自体は同じで、傷がつきにくく丈夫で、雨にも強い(弾く)加工となっています。

アメ豚(豚革)
アメ豚(豚革)

表面が堅く摩擦に強いため、内張りにはもってこいの素材です。

経年により、また使い込むと次第に「飴色」に変化することからこう呼ばれています。以前は、高級ランドセルに多く使われていましたが、最近は、合成皮革を使った方がコストが抑えられることから、次第に使用するメーカーは少なくなっています。

注)アメ豚は本来、キズやシワが多い革です。そのため製品にも若干のキズが見られることがございますが、不良品ではありません。

ソフト牛革
ソフト牛革

肌触りの良い柔らかい牛革

柔らかい牛革で、背中にフィット。天然皮革なので肌触りも良く、通気性も良い優れた素材です。ちなみに、背あての中には、ウレタン素材が入っていてクッション性も抜群。長時間背負っていても、背中に優しい設計となっています。

仕立てにこだわる
SEWING

アメ豚一枚通し仕立て

「一枚通し」とは、かぶせ部分と本体との間に継ぎ目がなく、一枚の革(アメ豚)を通して張ってあることを言います。

この製法は、特に熟練の職人技を要し、さらに時間もかかるので他ではあまり見られない仕立てです。継ぎ目(段)がないので教科書をいれるときもとてもスムーズ。さらにゴミも溜まりませんし、なによりも見た目に美しく、アメ豚は使い込むと良い味が出ます。

補強材

モギオリジナルランドセルは、とても丈夫です。その秘密は、「補強材」にあります。

特に、大マチの入り口には型くずれしないようにしっかりと補強材が入っていて、6年間潰れることなく丈夫で長持ちします。(通常使用に限ります)

ベーシックスタイルとキューブスタイル
どちらもA4フラットファイルが入ります
ベーシックスタイル

伝統的な技法により造られています。背板と本体を接合するへりの部分を、手縫いでしっかりと縫い合わせています。

キューブスタイル

最新式のミシンで、背板と本体を縫い合わせています。ヘリがないことで、見た目にはすっきり。外寸は小さいのに、内寸は広いという利点があります。

大きさにこだわる
SIZE

モギオリジナルはすべて、「A4フラットファイル」が入ります。

モギでは早くからすべてのモデルをA4フラットファイル対応に切り替えました。それは、お客様のご要望が年々増えてきたことと、また、1cm大きくしただけで入るのなら、やはり入った方が便利との判断からです。

A4フラットファイル(23cm×30.6cm)を入れてみました。
たくみシリーズ・プラチナシリーズ

【内寸】大マチ内寸高さ31.0cm×横幅23.2cm×マチ(奥行き)12.5cm
【外寸】高さ(持ち手除く)33.5cm×横幅26.5cm×奥行き21.0cm

ユニバーサル・プリズミックスシリーズ

【内寸】大マチ内寸高さ31.0cm横幅23.5cm×マチ(奥行き)13.0cm
【外寸】高さ(持ち手除く)32.5cm×横幅25.0cm×奥行き21.0cm

機能にこだわる
FUNCTION

ウィング背カン:少しでも重さを軽減するための機能

「ゆとり教育」時代(2005年)と、現在の「脱ゆとり教育」時代(2015年)を比較すると、教科書(主要教科合計)のページ数はよそ1.3倍になっているそうです。そして、教科書を入れた状態のランドセルの重さは、約7kgになります。(弊社にて測定)これは、高学年になればまだしも、小学1・2年生にとっては大きな負担と言えます。
とはいえ、教科書を減らすわけにはいかないので、少しでも身体にかかる負荷を減らすにはどうしたら良いのか。その答えが、この「ウイング背カン」です。
ウイング背カンは、肩ベルトが肩にすっぽりはまるように設計されています。これによって、ランドセルの重心とお子様の背中(背骨)に隙間ができず、より密着します。結果として、背負う力が少なくて済むのです。

持ち手
持ち手

お家の中で、教室の中で持ち運びをするときにとても便利です。お子様だけではなく、ママ達にもとても使いやすいと評判で、最近では他社も採用するところが増えてきました。

防犯ブザーDカン
防犯ブザーDカン

防犯ブザーやホイッスルをつけるための「Dカン」。いざというときに、すぐに鳴らせるようにとの配慮です。右利き左利き、どちらのお子様にも使いやすいように両側につけています。

ワンタッチ錠前
ワンタッチ錠前

かぶせ側についている金具を、本体の金具に合わせるだけでつまみがクルッと回転して、自動で閉まります。手動式と違って、閉め忘れることがなくきちんと閉まるので安心です。

光る機能
光る機能

反射鋲(びょう)やリフレクター(反射材)をランドセルにつけています。暗い夜道でヘッドライトが当たったときにピカッと光り、車やバイクからお子様を守る大切な機能です。

ワイドポケット
ワイドポケット

家の鍵など大切なもの、髪どめやハンカチ、タオルなど、細かいモノが入れられます。インペリアルシリーズをのぞきすべてがワイドポケット仕様です。

大きい時間割ポケット
大きい時間割ポケット

B5サイズの時間割表が入る、通常よりも大きいポケット。素材は破れにくい丈夫なメッシュ素材で、蒸れにくく、汚れもつきにくい優れものです。

ミラクルロック
ミラクルロック

金具が左右にスライドするので、体型にあわせてピッタリとフィットします。(※ユニバーサル、プリズミックスに採用しております。)

2016 © mogi